“包装資材”とは?

2年前までは実は営業マンだった総務部の加藤です😎

総務部へ異動となり1年半が経過しました。
総務部として仕事をしているうちに「包装資材」という言葉、よくよく考えるとどんな物のことを「包装資材」と呼ぶのか、ふと疑問に思ったので自分なりに解説してみようと思います😁

キラックスでは当たり前のように取り扱っている「包装資材」・・・
みなさんはどのようなものを思い浮かべますか?
商品を送る際の段ボールやクラフトテープ?
それともレジ袋など商品を購入した際に入れる袋?
実はそれらは全部「包装資材」です👍

キラックス社員からは「そんなの当たり前だよ!」ってツッコミが入りそうですね・・・😅

包装資材といっても種類はたくさんあります!

その中でもキラックスでは食品を包むパッケージをはじめ、輸出梱包材や建材関係、自動車の天井材、食品のデリバリーはもちろん血液輸送用の医療まで、用途に合わせた温度帯を保ったまま商品を運ぶための定温物流容器、空間に新たな彩りを与える建築用曲げガラス、環境問題に配慮した生分解性のごみ袋など・・・

キラックスで取り扱っている包装資材だけでもたくさんの種類があります!

包装資材って実はとても奥深くて、同じ商品でも包装するものが違うだけで全く別の価値が生まれるんです🤩

キラックスではお客様からいただいた要望をもとにより良い商品づくりができるようなサポートをさせていただいており、営業マンも各分野に特化した専門家がたくさんいます!

人の情報は視覚によって得る情報が87%と言われています✨
ちなみに聴覚は7%、触覚は3%、嗅覚は2 %、味覚は1%らしいです🤔

ということは、同じ内容のものを買う場合、パッケージが綺麗なものの方が手に取りやすいということになります😍

まあ、見た目が全てとは言いませんが、大切なことはお分かりいただけましたでしょうか?
キラックスでは見た目はもちろんですが、包装資材の質感などもご提案させていただいております✨
ということは、人間が得る情報の9割を刺激するパッケージをキラックスではお客様にご提供できるということになりますね😎

現在、「新商品の販売を考えている」、「商品自体はとても良いものなのに売り上げが思うように伸びない」、「興味があるが何から手をつけていいかわからない」などのお悩みをお持ちの企業様、店舗様は一度弊社にお問い合わせください🙇‍♀️

キラックスが全力でサポートさせていただきます!

総務部 加藤